スポンサーサイト

0
    • 2012.09.16 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ホームページ作成印鑑 高崎ストリートライヴ:開幕 街中に現代アート ジャズ演奏バックに即興ペイントも−−「さやもーる」周辺

    0
        高崎市の中心商店街「さやもーる」と周辺の店舗で14日、「第17回高崎ストリートライヴ」(高崎ストリートライヴ実行委主催)が始まった。今年は「アート」をテーマに、営業中の店舗内や街角に現代アート作品を展示。実行委員長の上原隆さん(59)は「見ることが少ない現代アートを、身近なところで触れてもらいたい。店に並ぶ商品とも、思いのほか調和するのに驚いている」と話している。10月14日まで。【増田勝彦】
       参加する作家は、齋木三男さん(石彫)▽外丸治さん(石彫など)▽主代(ぬしろ)淳典さん(ジャンクアート)▽菜摘(なつみ)さん(ライブペイントなど)の4人。
       展示は、ツナシマ(学生服)▽にしざわ(呉服)▽KEN(眼鏡)=以上さやもーる▽サウンドエコー(電気)=大手前通り▽うえ新(呉服)=さくら橋通り▽述章堂(印鑑)=本町通り−−の6店と、さやモール特設会場、鞘街シティハウス前の計8会場。展示店には「街でアートを楽しもう・作品展示中」のポスターを掲示し、店内に入って作品を鑑賞できる。また、さやモール特設会場では、菜摘さんが毎週土・日曜を中心にライブペイントを行い、最終日に行われるジャズ演奏に合わせて完成させる予定という。
       高崎ストリートライヴイベントは昨年までは音楽演奏を中心に2日間の開催だったが、今年は期間を1カ月に大幅延長した。
      ホームページ制作杉山システム

      ホームページ作成印鑑

      0
         旺文社、Android 向けスマートフォンアプリ「英検過去問 全問題集」配信開始

        旺文社は2011年10月31日、Android スマートフォン向けアプリ「英検過去問 全問題集」の配信を開始した、と発表した。Android OS 2.2 以降に対応。Androidマーケットでダウンロード提供中。アプリのインストールと数問のサンプル問題は無料だが、利用にはエヌ・ティ・ティ ラーニングシステムズが運用する e ラーニングサービスサイト「Manavino」への会員登録と、月額利用料300円が必要となる
        同アプリは、最新の英検過去問題を3回分収録。1級、準1級、2級、準2級、3級、4・5級に対応している。問題ごとに「完璧」「不安」「間違い」のフラグを付けることができ、苦手箇所だけを繰り返し学習するといったスマートフォンアプリならではの学習方法を可能にしている。

        同社では、「新TOEICテストハイパー模試」「漢検プチドリル」の販売も開始。Manavino から購入できる。利用料は月額300円

        ホームページ作成株式会社杉山システム ホームページ作成抜け毛 ホームページ作成シワ ホームページ作成豊胸手術 ホームページ作成バストアップ ホームページ作成顔のたるみ ホームページ作成ニキビ ホームページ作成ファンデーション ホームページ作成美容整形 ホームページ作成鼻整形 ホームページ作成浮気相談

        ホームページ作成印鑑 『東日本大震災復興祭』開催決定 アジカン、いきもの、ユニコーンら豪華出演陣

        0
           東日本大震災の被災者支援を目的としたイベント『東日本大震災復興祭2011〜子供たちの未来のために〜』が、10月29日(土)・30日(日)の2日間にわたり国立代々木競技場一帯の会場にて開催されることが決定、各会場の出演アーティストも発表された

          このイベントは、日本レコード協会、日本音楽事業者協会、日本音楽出版社協会、日本音楽制作者連盟、コンサートプロモーターズ協会の音楽関係5団体が発起団体となり、「音楽・お笑い・食」の力で復興を支援。コンサートの入場券売上げの全ては、震災で親族や経済的基盤を失った子供たちの未来を応援する目的に使用される。

          会場は国立代々木競技場第一・第二体育館、SHIBUYA-AX、オリンピックプラザでの同時開催となっており、29日に第一体育館で行われるライブイベントには、ASIAN KUNG-FU GENERATION、いきものがかり、三代目 J Soul Brothers、東京スカパラダイスオーケストラ、ユニコーンの5組、第二体育館には29日にスフィア、牧野由依、米倉 千尋ら6組、30日にはJAM Project、茅原実里ら7組という、ポップ、ロック、アニメ等ジャンルを越えたアーティスト計13組が出演。SHIBUYA-AXでは初日にアントキの猪木、ライセンスらお笑い芸人28組によるライブを開催、30日にはSDN48、吉川友、ぱすぽ☆らがパフォーマンスする。

          なお、入場無料となっているオリンピックプラザではap bank / kurkkuが立ち上げた食のプロジェクト【Food Relation Network】と、大震災をきっかけにCAFE COMPANYを中心とした食に携わる企業が集結してスタートした【東の食の会】がタッグを組み、有名店シェフによる野外レストラン、オーガニックフードなどを取り上げたフードエリアをプロデュースする。

          チケットは、10月8日(土)からの一般発売に先駆けディスクガレージ先行抽選発売(www.getticket.jp/)を行っており、10月3日(月)15:00まで申し込みが可能となっている。イベントの詳細はオフィシャルホームページ(www.for-eastern-japan.jp/)に掲載中。
          ホームページ作成株式会社杉山システム

          印鑑ホームページ作成 【インド】新興国向け無人搬送車投入:明電舎、代理店増で販売強化

          0
             電気機器大手の明電舎(東京都品川区)が、インド国内で工場内の部品移送などに利用する「無人搬送車」の販売強化に乗り出すことが分かった。新興国向け製品を投入する。これまで手掛けてきた現地法人を通じた直販に加え、現地企業と販売代理店契約を積極的に結ぶ計画だ。新興国市場の攻略を図り、海外売上高比率を高める経営戦略の一環という。

             明電舎が販売強化に乗り出す無人搬送車は、日本国内で主力となる数百万円の機種に対して、新興国向けに機能を絞り込んだのが特徴。販売価格は40万円程度からに設定した。無人搬送車は、床にはった磁気テープに沿って走行するため、工場内の部品の移送などに用いられている。

             同社の広報担当者は、「日本国内では主に自動車や家電メーカーの工場で活用されている。インドでも、同様の産業向けに販売していくことになるだろう」と説明。現地に進出する日系企業に限らず、幅広い分野の企業への売り込みを図る。現地企業と代理店販売の契約を結び、販路拡大につなげる意向だ。

             新興国市場の中で、特にインドに対する注目度は高い。経済成長に伴い、ここ最近は日系企業に限らず、多くの製造業者が工場の新設を相次いでいるからだ。工場建設に伴い、新規需要に着目し販路拡大を急ぐ方針も示している。

             同社では、新興国市場への販売強化で、海外売上高比率を現在の約2割から、早い時期に3割に引き上げる計画を打ち出している。海外の顧客開拓のため、無人搬送車用の英語版ホームページも立ち上げた。製品の紹介から導入後の活用方法まで、動画や写真で解説。昨年には中国語版を設置するなど、海外攻略に本格着手した。

             ■組み立てはタイで

             販売する無人搬送車は、今のところタイの現地法人で組み立ててインドに持ち込んでいる。駆動部や制御装置など基本ユニットは日本から輸入するが、製造コストを低減するため台車や板金など部材は現地調達する。インド国内での組立については、現時点では未定という。

             広報担当者は、急速に進む円高に対して、「基本ユニットを輸出するので影響はあるが、依然として出荷台数が多くないので、今のところ直接的に大きな損失は出ていない」と指摘。ただ、インドで販売する商品のラインアップ数を増やす計画もあるため、為替動向は無視できない状況になっていることも示唆した。

             スリランカやバングラデシュなどインド周辺国への販売については、「現時点では具体的に何も決まっていない。現地の状況などを踏まえて、検討していくことになる」との見解を述べた。

             明電舎の4〜6月期の連結売上高は前年同期比19.7%増の240億6,500万円だった。純損益は東日本大震災による電力供給問題などが影響し、赤字が前年同期の29億4,600万円から、32億1,500万円に拡大した。ただ、12年3期の純利益予測では前期比倍増の25億円と見通している。売上高は同10.3%増の1,850億円を見込む ホームページ作成株式会社杉山システム